個人再生とは

個人再生とは?

個人再生を行うことであなたの借金がいくらまで減額されるかご存じですか?

 

こちらを使うと10秒で結果が解ります→ 無料・匿名でできる借金減額シュミレーター

 

個人再生とは裁判所に申立をして借金を大幅に減額してもらい、残った借金を再生計画案に従って、分割で返済をしていく方法です。

 

この手続きをすることによって、借金の負担が大幅に減ることになるため、任意整理の方法に比べて総返済額も少なくて済みます。

 

個人再生のメリット、デメリット

 

個人再生の手続きにはメリットとデメリットがありますが、それは以下のとおりです。

 

個人再生のメリット

 

・ 裁判所が主導となって手続きを進めていくことになるので、債権者側と直に接することがあまりないので、気分的に楽です。
・ 借金の額が5分の1以下あるいは100万円まで減額をすることができるので、かなり返済が楽になります。
・ 住宅ローン特則を利用することによって、個人再生の手続きとは別に処理をすることができるため、住宅を失わずに済みます。
・ どのような原因で作った借金でも手続きを利用することが可能です。

 

 

個人再生のデメリット

 

・ 自分の負っている借金の状態が支払不能の恐れがある場合でなければ利用することができません。
・ 継続的な収入を得ている人でかつ無担保の借金が5000万円以下という利用条件があるので、利用できる人の範囲はかなり制限されてしまいます。
・ 7年程度は自分が手続きしたということを信用情報機関に登録されてしまうことになるので、クレジットカードを利用したり、借り入れやローンを利用することができなくなってしまいます。
・ 官報に掲載されてしまうことになるので、これを見られてしまうと自分が債務整理の手続きをしていることを知られてしまいます。
・ 手続きの仕方が結構複雑になっているので、専門家の力を借りる必要があります。

 

個人再生に向いている人とは

 

個人再生の手続きをするのに向いている人とはまず継続的な収入のあるサラリーマンの人や自営業の人です。特にサラリーマンの人は収入が安定しているので、個人再生の二つの手続きを両方利用することができます。

 

それからギャンブルや浪費が原因で支払不能になってしまうほどの借金をしてしまった人は自己破産をしても免責を受けることができないので、個人再生が向いていると言えます。

個人再生とは | 個人再生費用ナビ記事一覧

個人再生の方法で手続きをする場合においては一定の条件を満たす必要があります。そのため条件を満たさない場合はこの手続きをすることが認められないことになりますが、次のような例があげられます。定職に就かずに収入が不安定な人の場合この手続きをするための条件として継続的な収入があることが条件となっています。そのため定職に就いていない人は収入が不安定であるので、申し立てをしてもこの条件を満たしていると判断され...

アルバイトやパート、専業主婦の人が債務整理をする場合において、個人再生の方法で手続きをすることができるのでしょうか?基本的に専業主婦は利用することはできません個人再生の方法で手続きをするためには条件がいくつかあるのですが、その中の一つに継続的に収入を得ているということがあげられます。そのため仕事をしていない専業主婦は基本的に収入もないのでこの手続きを利用することができません。またキャッシングを利用...

車、住宅、クレジットカードなどは人が生活をするために必要なものであると言えますが、もし個人再生の方法で債務整理の手続きをした場合の影響はどのようになるのか気になるところです。そこで個人再生をすることによってこれらの物を所持したままでいられたり、手続き後、利用することができるのでしょうか?住宅、車は所持できる可能性があります個人再生は再生計画案を裁判所に提出し、場合によっては一定の債権者の同意を得る...

住宅ローンを利用してマイホームを購入した人がいろいろな事情によって返済をすることができなくなる場合もありますが、もし借金が住宅ローンだけの場合でも個人再生の方法で債務整理をすることができるのでしょうか?住宅ローンのみ個人再生することは可能です個人再生の手続きを利用するためには、継続的な収入を得ているということと、無担保の借金の額が5000万円以下であるということが条件となっていますが、これらの要件...

債務整理の手続きは個人再生以外にもいくつかの手続きがあるのですが、どの方法を選択するのがいいのかは条件によって変わってきます。そこで個人再生以外の方法で債務整理の手続きをするのがいい場合とはどのような例があげられるのでしょうか?個人再生ができない場合もあるので、まずは債務整理の種類を確認しておきましょう。整理をする借金を選択して手続きをする時債務整理をしようとしている人の中には負っている借金すべて...

個人再生手続きの申立をするメリットとしてあげられることといえば個人債務者が自分の負っている借金額を大幅に減額することができることです。これによって返済額が少なくなるので、一定の期間の間、継続して返済することによって借金を完済することができ、自己破産の手続きを利用する必要もなくなるので、破産をした人という扱いを受けなくて済みます。しかし個人再生手続をする場合でも再生債権とは違い、債務者の負っている債...

個人再生手続きの申立をして無事に返済計画案が認可されて確定した場合、債務者はその計画案に従って再生債権を分割で返済していくことになります。そして分割して返済する期間は原則3年となっていて、この間支払いの遅延をすることなく、しっかり借金額を返済していく必要があります。しかし個人再生申立てと同時に住宅ローン特則を利用していたり、一般優先債権も同時に支払うことになる場合はかなり返済がきつくなってしまい、...

民事再生法による個人再生申立をして手続をすることによって、返済することになる債権額が確定し、その後債務者は分割返済をしていくことになります。そして個人再生手続きをした後に返済する期間は原則3年となっています。ただ特別の事情が認められる場合は5年と定めることもできます。しかし再生債務者はいろいろな理由により個人再生手続きをして裁判所から認可を受けた再生計画案のとおりに借金を返済することができなくなっ...

個人再生の方法を選択して債務整理の手続きをするとそのことが官報に載ってしまうことになります。官報とは法律が定められたり、改正になった場合や裁判所によるいろいろな手続きを行った場合にそれらの情報が載る国の情報誌のことです。そこでなぜ個人再生の手続きをしたことが官報に載ってしまうのかというとそれは債権者に手続きをしていることを知らせるためです。この手続きは債権者全員を取りまとめて行わなければならないの...

民事再生法による個人再生手続きをする場合においては裁判所に申し立てる際に申立人のすべての債権者とその債権者に対して負っている借金の額を記載した債権者一覧表を提出することになります。そして個人再生手続の申立をする際に提出する債権者一覧表には異議の留保というチェック事項が設けられていますが、手続きをする上でこの場所にチェックを入れておいたほうがいいでしょう。債権届出期間と一般異議申述期間個人再生申立て...

個人再生の手続きを利用して債務整理をする場合において、自分がこの手続きを利用するための条件を満たすことができているのかを考えることはもちろんですが、それ以外にも自分の借金の保証人になっている人のことも考える必要があると言えます。なぜなら個人再生の手続きをすることによって、保証人に対して大きな影響を与えてしまうことになるからです。個人再生の手続きをすると保証人はどうなる?個人再生の手続きをすることに...

個人再生の申立をして債務整理の手続きをしようとする場合は専門家である弁護士か司法書士にお願いすることになります。そこで弁護士と司法書士のどちらに手続きをお願いしたほうが良いのでしょうか?手続きをすべてお願いするなら弁護士です弁護士も司法書士も債務者の代わりに個人再生の手続きをすることができるのですが、できる範囲は違います。そして弁護士の場合は書類作成や提出だけでなく、実際に裁判所での手続きも債務者...

羽振りのいい生活が止められず消費者金融で借金私は若い頃からお水の世界に入り、そのまま足を洗うこともなく、一生この道で生きていこうと小さなスナックを経営していました。華やかに見える世界、自分にお金をかけるのが当たり前というバブルの頃の感覚が抜けないまま生きてきたので、エステや洋服、化粧品などをクレジットカード払いでバンバン購入していました。毎月の収入はほとんどそういったものの支払い費用で消えていって...

念願のマイホームを手に入れ順風満帆でした最近は持ち家志向のある人は少なくなってきてはいる…とはいいますが私達夫婦は結婚当初から、思い通りの家に住みたいという希望がありました。建売住宅には魅力を感じず、細かい間取りやインテリアも自分たちオリジナルのものにしたいと思っていました。結婚後、子どもができるまでは夫婦共働きをして、貯金も頭金を確保できるだけ貯まり、いざ、夢のマイホーム!と新築したのが5年前で...

長年勤めていた会社が業績不振のために一大リストラを決行し、その対象となってしまった私には、妻とまだ幼い子どもがいました。当時、まだ子どもは1歳。妻は妊娠中の経過が悪かったために、すでに仕事をそのときに退職しており、一家の大黒柱としての負担はすべて私にかかっていましたので、その私がリストラされたということをなかなか妻には打ち明けられず相談も出来ませんでした。なかなかいい再就職先が見つからず、失業保険...