個人再生 弁護士 司法書士

個人再生を行うことであなたの借金がいくらまで減額されるか調べておきましょう

こちらを使うと10秒で結果が解ります→ 無料・匿名でできる借金減額シュミレーター

個人再生は弁護士・司法書士どちらが良い?

個人再生の申立をして債務整理の手続きをしようとする場合は専門家である弁護士か司法書士にお願いすることになります。

 

そこで弁護士と司法書士のどちらに手続きをお願いしたほうが良いのでしょうか?

 

手続きをすべてお願いするなら弁護士です

 

弁護士も司法書士も債務者の代わりに個人再生の手続きをすることができるのですが、できる範囲は違います。

 

そして弁護士の場合は書類作成や提出だけでなく、実際に裁判所での手続きも債務者の代理人としての活動をすることができます

 

特に手続き中に裁判官と債務者が面談して、いろいろな事情を聞くことがあるのですが、その際にも代理人としていろいろ回答することが可能です。

 

これに対して司法書士の場合は基本的に裁判所へ提出する書類作成、提出の代行をすることができるにとどまります。そのため裁判所内でのいろいろな手続きは自分でしなければならないことになります。

 

しかしある程度の法律的な知識がないと難しい面もあるので、司法書士に頼む場合は自分で手続きをしてわからないことがあった場合にサポートしてくれるような感じである必要があります。

 

そのため手続きをすべてやってもらいたいのであれば弁護士にお願いしたほうが良いと言えます。

 

全て任せたいのであれば弁護士がオススメ

 

個人再生の手続きをしてもらう場合には裁判所に申立をするために必要となる実費と弁護士や司法書士に支払う報酬があります。

 

そしてこの手続きをしようとしている人は借金を返済することができなくなっている人なのでお金にあまり余裕がなく、また手続き後も返済していくことになるので、できるだけ安く済ませたいと考える人も多いです。

 

そして弁護士と司法書士に支払う報酬は前者の場合は30万円から50万円で後者の場合は15万円から25万円です。

 

これは弁護士のほうが職務権限が多いので、その分費用も高くなっています。

 

そのため費用を少しでも安くしたいと考えているのであれば司法書士に手続きをお願いしたほうがいいでしょう。

個人再生の無料相談なら借金お助け相談センター

借金お助け相談センター

借金お助け相談センター

・相談無料
・初期費用無料
・分割後払い対応
・24時間365日対応
・即日取り立てストップ


借金お助け相談センターはこちらから

関連ページ

個人再生が認められない例はある?
個人再生の方法で手続きをする場合においては一定の条件を満たす必要があります。そのため条件を満たさない場合はこの手続きをすることが認められないことになりますが、次のような例があげられます。
パートや専業主婦などでも個人再生できる?
アルバイトやパート、専業主婦の人が債務整理をする場合において、個人再生の方法で手続きをすることができるのでしょうか?
個人再生後にローンは組めますか?
車、住宅、クレジットカードなどは人が生活をするために必要なものであると言えますが、もし個人再生の方法で債務整理の手続きをした場合の影響はどのようになるのか気になるところです。
住宅ローンの支払いが厳しく個人再生したい
住宅ローンを利用してマイホームを購入した人がいろいろな事情によって返済をすることができなくなる場合もありますが、もし借金が住宅ローンだけの場合でも個人再生の方法で債務整理をすることができるのでしょうか?
個人再生以外の債務整理手段は?
債務整理の手続きは個人再生以外にもいくつかの手続きがあるのですが個人再生以外の方法で債務整理の手続きをするのがいい場合とはどのような例があげられるのでしょうか?
個人再生しても減額できない一般優先債権とは
個人再生手続をする場合でも再生債権とは違い、債務者の負っている債権でも減額することができない債権として一般優先債権があります。
個人再生したら返済の遅延は絶対にしてはいけない
個人再生手続の後に借金額を返済をするにおいて、返済遅延は絶対にしてはいけません。なぜならもし返済に一度でも遅れてしまうと、債権者から個人再生の取り消しの申立をされてしまい、再生債務者が個人再生申立をした意味が無くなってしまうからです。
個人再生した後支払いが厳しければ弁済期間を延長する
再生債務者はいろいろな理由により個人再生手続きをして裁判所から認可を受けた再生計画案のとおりに借金を返済することができなくなってしまう場合もありますが、このような場合はどうすればいいのでしょうか?
個人再生すると官報に載りますか?
個人再生の方法を選択して債務整理の手続きをするとそのことが官報に載ってしまうことになります。 官報とは法律が定められたり、改正になった場合や裁判所によるいろいろな手続きを行った場合にそれらの情報が載る国の情報誌のことです。
個人再生の手続きでは異議の留保にチェックしておくこと
個人再生手続の申立をする際に提出する債権者一覧表には異議の留保というチェック事項が設けられていますが、手続きをする上でこの場所にチェックを入れておいたほうがいいでしょう。
個人再生すると保証人はどうなるの?
個人再生の手続きを利用して債務整理をする場合において、自分がこの手続きを利用するための条件を満たすかはもちろんですが、借金の保証人になっている人のことも考える必要があると言えます。
個人再生した体験談50代女性
スナックを経営し600万円の借金がありました。所有するマンションを手放さず債務整理できる個人再生を選んだ私の個人再生の体験談です。
個人再生した体験談30代男性
借金を抱えて支払い不能になったときに家を束成さないまま出来る個人再生を弁護士の先生に勧めて頂きました。私の体験談が少しでも今苦しんでいる方のお役に立てれば幸いです。
個人再生して360万円が90万円に減額した体験談
マイホームを手放さずに債務整理できる方法があると知り、詳しく話を聞くために弁護士事務所の門をたたきました。私の場合は個人民事再生という手続きをとるのがいいと勧められ、そのままその弁護士に依頼することになりました。